デジタルチェッカー
エンジンオイル用・CVTフルード用・ATフルード用
エンジンオイル、CVT・ATフルードの状態をセンサーでチェック。
良否判定明確、お客様への交換促進ツールとして活用できます。

5つのバリエーション

01

エンジンオイル・デジタルチェッカー
[型式]AMC-75E

02

エンジンオイル・デジタルチェッカーEcoタイプ
[型式]AMC-75E-Eco

03

ATF・デジタルチェッカー
[型式]AMC-75A

04

CVTF・デジタルチェッカー
[型式]AMC-75C

05

CVTF・デジタルチェッカー EcoGreen
[型式]AMC-75CG

光センサーが検出、わずか5秒でチェック。

01 エンジンオイル・デジタルチェッカー

ガソリンエンジン用

02 エンジンオイル・デジタルチェッカーEco

ガソリンエンジン用
低粘度エンジンオイル用0W-16、0W-20

03 ATフルード・デジタルチェッカー

フルード色:赤・ブルー専用

04 CVTフルード・デジタルチェッカー

フルード色:赤専用

05 CVTフルード・デジタルチェッカーEcoGreen

CVTフルード:日産NS-3・三菱J4+・スズキGREEN2使用車両

*各デジタルチェッカーの対象車両、使用方法詳細につきましてはお問い合わせください。

デジタルチェッカーの特長

オイルの状態をLEDでお知らせします。
表示はお客様にもわかりやすいグリーン・レッド・レッド(点滅)の表示。
コンパクトなのでいつでもどこでもオイルチェックが可能です。

エンジンオイル、AT・CVTフルードのチェックの流れ

STEP 1 本体自己診断

電源スイッチを入れます。まず、本体が自己診断を開始。バッテリーチェックと本体機能チェックを行います。

バッテリーチェック
緑・・・良好
赤・・・電池交換
(それぞれ2回点滅)

本体機能チェック
緑・赤
(同時に3回点滅)

STEP 2 抜き取り

診断したいオイルのレベルゲージを抜いてノズルを差し込み、「ワンタッチカプラー取り付け口」に「チェッカーノズル」をセット。「ピストンシャフト」で適量のオイルを抜き取ります。

STEP 3 診断結果

緑(点灯)

オイルの状態は良好です。

赤(点灯)

オイルの汚れが進行しています。

赤(点滅)

■ATF・CVTFデジタルチェッカーの場合
フルードの汚れが極度に進行しています。

■エンジンオイル・デジタルチェッカーの場合
オイルの汚れが極度に進行しています。オイル交換とフラッシング、エレメント交換をオススメします。

CVT・ATフルード
交換オプションツールセット
[型式]AMC-12

トヨタ新型CVT・日産・三菱・スズキ車等CVT・ATレベルゲージレス車のオーバーフロー自動フルード交換用オプションツールセット。
▶ マルチHYBRID・CVT・ATフルード
  チェンジャーAMC-1000シリーズ専用開発。

スバル
リニアトロニックCVT用
フルード交換ツール 2タイプ

インプレッサ・フォレスター・レヴォーグ等、
リニアトロニックCVT搭載車専用フルード交換ツール。
▶ マルチHYBRID・CVT・ATフルード
  チェンジャーAMC-1000シリーズ専用開発。

AMC-1000シリーズ・AMC-900X 等オプション装備・消耗品

チェンジャー本体のオプション装備、消耗品はこちらから。