トルコン機器サポート

1. 車載別フルード交換モード

カーメーカー・車種別にAMC-1000シリーズ・AMC-900Xの3モードフルード交換システムの交換モードを紹介。

2. 取扱説明書

AMC-1000シリーズ、AMC-900Xの取扱説明書。

エラーコード一覧表 CVT・ATフルードチェックセンサー

エラーコード 内容
C-1~C-4 CVTモード
CVT異常
ミッション内部の摩耗により、多量の摩耗粉が発生している場合や、冷却系統の不具合が原因で正常域を超えた油温上昇等、ミッション本体の異常が考えられます。
A-1~A-4 ATモード/ハイブリッドモード
AT異常
CE-1~CE-4 CVTモード
フルード極度の汚れ
CVTフルードの汚れが極度に進行している事が考えられます。CVTは汚れが多量に蓄積すると、内部ストレーナの目詰まりを起こす可能性があります。
AE-1~AE-4 ATモード/ハイブリッドモード
フルード極度の汚れ
ATフルード及びハイブリッド(ATF指定車)に使用されているフルードの汚れが極度に進行している事が考えられます。ATは汚れが多量に蓄積すると、内部ストレーナーの目詰まりを起こす可能性があります。
OE フルード異常 フルードに水分等の異常な不純物が混入している場合や、多量のスラッジの発生等、フルードの異常が考えられます。

エラーコード一覧表 チェンジャー本体

記号 内容及び主な原因 対応方法
E01 基盤メモリ異常 基盤修理及び交換
E02 温度センサー異常 センサー交換
E03 0-20セット時1ℓ以上の狂いがある 基本0点調整を行う
E04 廃油側ロードセル異常
・廃油架台に過負荷が掛かっている
・センサーケーブルの外れ、断線
コネクタ脱着・ロードセル交換
過負荷の原因を修理
架台、キャビネット変形など確認・修正
E05 新油側ロードセル異常
・廃油架台に過負荷が掛かっている
・センサーケーブルの外れ、断線
コネクタ脱着・ロードセル交換
過負荷の原因を修理
架台、キャビネット変形など確認・修正
E06 廃油排出異常
・廃油タンク用ホースの折れ曲がり
・廃油タンク用ホースが廃油タンクの底まで届いていない
・廃油架台が干渉している
廃油タンク用ホースの確認
モーターポンプ確認
架台やキャビネットの変形など確認・修正
E07 廃油抜取異常
・車両の暖機不足
・交換用ノズルの折れ曲がり、カプラ内部フィルター目詰まり
・給排ホースの曲り、つぶれ
・廃油架台が干渉している
交換用ノズルの交換
ノズル用カプラの清掃又は交換
モーターポンプの確認
給排ホース交換
架台やキャビネットの変形など確認・修正
E08 新油補充異常
・アルミノズルカプラ内部フィルター目詰まり
・使用ノズルの間違い
・給排ホースの曲り、つぶれ
・新油架台にペール缶が乗っていない
アルミノズルカプラ内部フィルター清掃
又はアルミノズル交換
給排ホース交換
新油ペール缶をセットする
架台やキャビネットの変形など確認・修正
E09 新油給油異常
・新油タンク用ホースの折れ曲がり
・新油ペール缶ホースが新油ペール缶の底まで届いていない ・新油架台が干渉している
新油タンク用ホースの確認
モーターポンプ確認
新油ペール缶の向きを確認(ペール缶の口が手前に来るようにセット)
架台やキャビネットの変形など確認・修正
E14 HVドレーンモード
・時間内にフルードが0.5ℓ以上流れてこない
フルード交換方法確認
車両のフルード量確認
E15 オーバーフローモード
・HVドレーンモード
・オイルパンより排出されるフルードが、設定量を超えた場合
フルード交換方法確認
排出された量と同量の新油を車輌に注入し、設定量を変更して再度作業を行う
E16 オーバーフローモード高温時
・時間内にフルードが流れてこない
フルード交換方法確認
車両のフルード量確認